どうも!編集長です。

ういろうと言うとみなさん「名古屋」と思う人が大半ではないでしょうか?

編集長は幼い頃、名古屋に住んでいて、名古屋のういろうを食べたときこう感じました「これ、ういろうじゃない!」(名古屋のみなさんごめんなさい)

それほど、わたしが幼い頃から親しんでいたういろうとは全然違う食べ物だったのです。

スポンサーリンク

宮崎の青島は、昔からお土産品として「ういろう」」が定番。

宮崎のういろうは、黒糖で作った黒いういろうと白いういろうがあって、購入するときは「黒」「白」「ミックス」と言って注文します。

「ミックス」は黒と白が半分づつ入っています。

青島ういろう

こちらは「ミックス」

左が黒。右が白。それぞれ5切れづつで定価税込400円。(田中商店)

ういろうスルー

ういろうは、宮崎空港や宮崎駅などにももちろん販売していますが、こどもの国入り口の道路沿いにならぶ店の前に停車して購入するのが宮崎スタイル。車の中から注文できます。これを「ういろうスルー」と呼ぶとか呼ばないとか…www

青島ういろうの食感

青島ういろうは名古屋のういろうとどう違うかといいますと、とっても、もちもちしています。

名古屋のすこしプリッとした食感はありません、お団子のようにもちもちしています。

これこそ宮崎青島のういろう!

なので開けると、くっついていることもあります(;^ω^)

食べきれない時は冷凍を

できたらすぐに食べるほうが良いのですが、食べきれない時はこうして一個づつラップに包んで冷凍するのをオススメします!

500ワットで1分ほどチンしてください。

ネットで注文も可能です

全国の和菓子好きの皆様、ぜひ宮崎「青島」のういろうをお見知りおきを!

ちなみにこちらで通販も可能ですよ。