夏です!急に猛暑に突入しましたね。

いやあ、暑いです。

こんな日に宮崎県民が食べるご飯といえば、さっぱり食べれる「冷や汁」!!

うちの母は、いりこをフライパンで乾煎りしたあと、そのいりこをごますり器ですって、味噌と豆腐をまぜ、最後はお湯をかけて、そのあと氷で冷やして作っていました。(大葉やきゅうりは最後に散らす)

なぜ、いりこをするのか?

そりゃ、出汁にするためよね

そっか、出汁があればいいのか

おお、あるじゃん、顆粒和風だし

こうして、3人の子育てでてんてこ舞いだったわたしに降りてきた啓示により、禁断の顆粒だしを使い始めました…。

(禁断と思い込んでました。こんなずぼら、許されるわけない、と)

冷や汁のレシピ、初めて検索してみましたが、いやあ、結構顆粒だし使ってる人多いのね~😅

なあんだ~良かったんだ~~。

(罪悪感開放!)

副編集長が簡単と謳って投稿していますが、もはや、それすら面倒くさいわたしをどうぞ許しておくれ~(´;ω;`)

※今回の投稿より美味しいレシピは、こちら↓↓

(粉末とは言え、乾煎りすることでやはり深みが出るんですよね~)

奥深い美味しさを取るか、ズボラを取るか(そこそこ美味しいのよ)選択はあなた次第!

スポンサーリンク

では、20年くらいつくり続けている編集長流冷や汁の超ズボラレシピをどうぞ。

まずは、材料

豆腐・味噌

まず、豆腐(木綿)と味噌(お好みの味噌)を用意します(量はきかないでくれ。目分量です)

大葉

大葉。適当。

ちなみに大葉はこの量で150円くらい♪幸せだ~。

そして!

ずぼらの強い味方!和風顆粒だし!(右上)

さらにすりごまとごま!(2種類入れた方がなんか、いい感じ)

そして~~七味!(これは沖縄の島七味です)

では、つくります

豆腐・味噌・和風顆粒だし・すりごま・ごまをいっしょくたんに入れて豆腐を潰しながらまぜていきます。

豆腐はこうやって潰したほうがわたしは好きです。手で粗く潰すレシピもあるようですが…結構なめらかになるまで潰しちゃってください。

このくらい。

お湯ならぬ、水と氷をぶっこみます

最後に大葉と七味を入れて完成!!

こんなに適当ですが、結構美味しいのです。

味見をしながら、お好みに仕上げてくださいね。

暑くてご飯がすすまないときでも、冷や汁があるとすすむから、不思議です。

みょうがを入れたり、きゅうりを入れたりしてアレンジしてたべてください。

以上、ズボラレシピでした~

※卵焼き器の中で、混ぜる・味付け・焼く・切るまで行う「ズボラ卵焼き」も最近取得したわたしでした(^_^;)