のどにもやさしい小さくてかわいい柑橘「きんかん」。みなさん召し上がったことはありますか?宮崎ではきんかんを甘露煮にするのが一般的なようです(しかも「炊く」と言う!!)が、生でも美味しく食べられるのが、完熟きんかん「たまたま」ですよね。今回は「たまたま」についてたまたま書いてみました。

スポンサーリンク

普通のきんかんと「たまたま」は何が違うの?

通常市販で売られているきんかんは、酸味と苦味が強く、生食には向いていないものがほとんど。完熟きんかん「たまたま」は、ハウス栽培で、かつ摘果されずに残され、大きな果実が完全に熟すまで栽培されているもの。

実が大きくて、苦味の強い皮も薄く、糖度はミカン以上にも甘みが強くなるんです。

「たまたま」の解禁日は1月15日前後

「たまたま」が市場に出回り、入手しやすい価格になるのは1月下旬~3月にかけてと、とても短い期間です。初競りだと桐箱に入って○万円の値がつくほど!贈られる人は大変喜ぶのではないでしょうか。

地方発送できる贈答品箱入りの商品もスーパーや宮崎空港で見かけますね。

美味しい食べ方

金柑たまたま盛り付け

通常のきんかんと違って、やはり新鮮なまま生で食べるのが一番美味しい食べ方です。味はジューシーなマーマーレードという感じがします!(※あくまで個人的主観です)

ただし、種が気になるので、丸ごと食べるよりは、半分にカットして種を取り除いてから、パクっと口にほおばるととても食べやすいですよ。

なぜそんな品名になった!?

略したらとんでもないことになると1人妄想してしまう私ですが…なぜ完熟きんかん「たまたま」という名称になったのでしょうか?

宮崎県内の小学校でネーミングを募集したところ、めったに栽培できない=「たまたま」できるからという意味でこの名前になったそうです。

とても純粋な由来でございましたね。みなさんご存知でしたか?

これから旬まっさかりで、県外にはなかなか出回らない(←これほんとです)きんかん「たまたま」。ビタミンが豊富なので、今年もたくさん食べて免疫力をつけましょうね!

今なら宮崎市役所に婚姻届を出したら「たまたま」貰えます!?

宮崎市役所では毎月婚姻届を出したカップル先着15組に宮崎県産のフルーツをプレゼントする企画をスタートしました。

企画初回はなんと完熟きんかん「たまたま」とのこと!

今月の企画まだ間に合うかもしれませんよ。