こんにちは、あーちゃんです。

先日の豪雨で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

しばらくは不安定なお天気が続くので十分に注意してお過ごしくださいね。

さて、今回の豪雨を受けて私は「肝に銘じておくべきコト」をざっくりと調査していました。

そこで発見したのがタイトルのとおり「水はねで罰金」制度です。

スポンサーリンク

正式には「泥はね運転違反」と言うらしい

道路交通法第71条には以下のように記載されています。

ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること。違反者は、大型車7,000円、普通自動車6,000円、二輪車 6,000円の反則金が課せられる。(行政処分はナシ)

歩行者に水をかけてしまったことに気づかず立ち去ってしまうケースも多いのではないでしょうか。

現実的には取り締まることが難しい交通違反ですが、動画や第三者の証言によって違反者の特定が出来たら立証は可能だそうです。

JAFによる検証実験

車が水たまりを通過したときに水はねをした場合、歩行者にどれほどの影響を与えるのか調査した結果があります。

検証条件は下記のとおりです。

  • 道路の水たまり(わだち状・水深約1cm)
  • 車と歩行者の距離は約50cm
  • コンパクトカーを使用
  • 歩行者の身長は約150cm

時速40kmの場合

歩行者の肩の高さまで水しぶきがあがり、衣類が濡れるなど歩行が妨げられました。

時速20kmの場合

歩行者の足元に水がかかりました。時速が半減したことで大きな被害にはなりませんでしたが、時速20kmでも水はねの可能性があることがわかります。

時速10kmの場合

水はねが歩道に達することはなく、歩行者に及ぼす影響はありませんでした。

十分に速度を落として通行することが大切

上記の実験からもわかるように、速度を落とすことで水はねのリスクを軽減することができます。

雨が続くとどうしても水たまりが出来てしまいます。水はねを避けるためには運転者が注意するしかないと言えます。

ほんの少しの時間の余裕・気持ちの余裕・思いやりを持って車社会をエンジョイしましょう♪